‘友の会ニュース’ カテゴリーのアーカイブ

中村美律子さんと記念撮影

2006年1月1日 日曜日

平成18年 1月 中村美律子さんと記念撮影

杜けあきトークショー

2005年9月6日 火曜日

ファンの声


私は、宝塚の「ベルサイユのバラ」を初めて観たとき、素敵な杜けあきさんのファンになりました。今回、杜さんの間近でトークショーに参加出来て嬉しかったです。黒川氏との対談で初めて知った話もあり感動しました。芸名を決める時は家族会議になったとか・・・・。亡くなられたお父様をとても尊敬し、またお父様も愛情深く杜さんを見守っておられたことがよくわかりました。いつも杜さんの舞台を観て、元気をもらっています。これからも、もっと沢山の舞台を観たいと思います。ツーショットの写真は、私の宝物です。杜けあきさんのご活躍をお祈りしております。
<豊明市 大石絹代さま>

北大路欣也さんと記念撮影

2005年9月1日 木曜日

平成17年 9月 北大路欣也さんと記念撮影

「3年B組金八先生」放送25周年記念“トークショー・金八先生を囲んで”

2005年8月8日 月曜日

 開演の4時間以上前から、親子連れや友達同士で入場待ちの長い列。
定刻の3時30分に、トークショーは、第1シリーズから金八ファンの平野裕加里さんの司会で始まりました。生徒役の出演者からは、1.いのちの話 2.ハ ンディキャップについて 3.卒業式のシーンで本当の中三とダブってしまった 4.文化祭のソーラン節5.卒業式のあとの最後の言葉「みんなよくがんばっ た」 6.テレビ番組の中の失恋・役になりきり切なかった・・・・などいろいろな思い出話が出ました。金八先生のクラスは、本当の中学校と同様に自分の椅 子と机があり、思い出がぎっしりと詰まっているので、金八の同窓生は、いつまでたっても仲間と会うと昔のままだそうです。
大人の共演者からは、「子供と大人が一体になって作るドラマ。よく25年もやってこれたと感無量です。あっという間に金八先生のトークに引き込まれてし まうことも不思議」と口々語られていました。「金八先生の役割は、時代時代の問題に、一シリーズ毎に取り組み解決することと、シリーズの最終回には、ス タッフまで泣かせること。人として人を考えるドラマにすること」と武田鉄矢さんの弁。最後に、武田さんから来場のお客様へ一言ありました。「理想の先生の 言葉を引用して、『みんな咲け、みんなコスモス』 野のコスモスは、1本1本力強く綺麗な花を咲かせる。コスモスのように力強く生きてください」。舞台と客席が一体になった楽しいひとときでした。

バックステージツアーに参加して

2005年8月4日 木曜日

バックステージツアーに参加して-名古屋市西区 柏川登代子様より-

8月4日、舞台裏見学会に参加しました。
舞台上を歩き、廻り舞台に乗り、又花道も歩かせていただきました。
一回の公演に対する段取りなど、色々な点で裏方スタッフの大変さを感じました。5階にある音響・照明も見せていただき、うれしかったです。直前まで、『金 八先生』の公演を観ていただけに感動が倍増しました。友達と二人で9月公演・北大路さんの入場券まで手に入れて、まさに三重の喜び。ありがとうございまし た。

青砥稿花紅彩画(白浪五人男)縁の地探訪・日帰り

2005年5月29日 日曜日

 鎌倉市街に入って最初に見たのが、「稲瀬川」。舞台で観る「稲瀬川勢揃いの場」だと大きな川かなと思いがちですが、ガイドさんから「これです」と言われたのにどこに川があるのか解らないほど小さな川でした。隅田川を鎌倉にある稲瀬川に置き換えて本を書く河竹黙阿弥の凄さに驚かされました。 昼食のあと、鶴岡八幡宮、大詰に登場する「極楽寺」と序幕の「初瀬寺花見の場」の「長谷寺」へ行きました。 鶴岡八幡宮は、NHK大河ドラマ「義経」のせいか観光客で大賑わい。参道の途中の舞殿では、観光客に見守られて結婚式が挙行されていました。 極楽寺は、茅葺の山門をくぐる風情ある小さな寺ですが、今から七百年ほど昔の鎌倉期には七堂伽藍が整い、塔頭四十九院の大寺であったそうです。たび重なる火災で焼失し、現在の姿に再建された為か、舞台の「極楽寺屋根立腹の場」で見る極楽寺とは大違いでした。 長谷寺は、序幕の幕開きで桜が満開のお堂が登場しますが、実際もそのとおりで、本堂の周りに江ノ島名物「江ノ電」は桜の木が何本もあり四月に来たらきっと素晴らしい花見が出来ることでしょう。


今回の日帰り旅行は、白浪五人男の原作者・河竹黙阿弥は傾くことにより独創的な傑作歌舞伎を生み出したことを知る旅でした。

番外編

帰路の小田原市内で、歌舞伎十八番「外郎売」に登場する、「ういろう」(=透頂香(とんちんこう)という薬)を売っている「ういろう」という店を車窓から見ました。

坂東三津五郎さん

2005年4月6日 水曜日

坂東三津五郎さんトークショー

バックステージツアーに参加して

2005年2月6日 日曜日

バックステージツアーに参加して-榊原眞様のご家族・榊原薫様より-

ぼくは、初めて御園座に行きました。しかも、「バックステージツアー」に参加させてもらいました。
音響の部屋や、照明の部屋を見させてもらたり、いろいろやらせてもらいました。舞台からとても遠い所にありました。照明の機械は、重かったけど、動かしてみると、舞台がいろんな色に変わったり、スポットライトが出来たりしました。
舞台にも上がらせてもらいました。舞台から見た観客席は、近くてびっくりしました。観客席で、あくびやいねむりをすると、きっとわかってしまうだろうと思いました。なんか、ぼくは芸能人になった気分でいい気分でした。
奈落の下は、たくさんの道具が置いてありました。
ひとつのお芝居をやるのには、たくさんの人たちが、裏で働いていることがわかりました。今度お芝居を観る時は、照明さん音響さんや大道具さんの気分になって見てしまいそうです。
いい体験ができて良かったです。ありがとうございました。

松井 誠さん

2005年1月7日 金曜日

松井 誠さんトークショー

「虹の橋」公演

2004年9月30日 木曜日

平成16年9月30日 「虹の橋」公演

pagetop

友の会について

演劇図書館について

よくある質 問

プログラム販売中!

IR情報・決算公告

御園座ショッピング

御園座 企業サイト

乗り換え

  • カテゴリー

  • アーカイブ


チケット購入方法
公演予定
フロアガイド
客席のご案内
交通アクセス
駐車場案内
お問い合わせ
その他
御園座 企業サイト

Copyright (C) 1999-2011 MISONOZA Inc. All Rights Reserved
このホームページに掲載されている全ての画像,文章,データの無断転用、転載をお断りします。