HOME友の会>「3年B組金八先生」放送25周年記念“トークショー・金八先生を囲んで”

「3年B組金八先生」放送25周年記念“トークショー・金八先生を囲んで”

2005年8月8日 月曜日

 開演の4時間以上前から、親子連れや友達同士で入場待ちの長い列。
定刻の3時30分に、トークショーは、第1シリーズから金八ファンの平野裕加里さんの司会で始まりました。生徒役の出演者からは、1.いのちの話 2.ハ ンディキャップについて 3.卒業式のシーンで本当の中三とダブってしまった 4.文化祭のソーラン節5.卒業式のあとの最後の言葉「みんなよくがんばっ た」 6.テレビ番組の中の失恋・役になりきり切なかった・・・・などいろいろな思い出話が出ました。金八先生のクラスは、本当の中学校と同様に自分の椅 子と机があり、思い出がぎっしりと詰まっているので、金八の同窓生は、いつまでたっても仲間と会うと昔のままだそうです。
大人の共演者からは、「子供と大人が一体になって作るドラマ。よく25年もやってこれたと感無量です。あっという間に金八先生のトークに引き込まれてし まうことも不思議」と口々語られていました。「金八先生の役割は、時代時代の問題に、一シリーズ毎に取り組み解決することと、シリーズの最終回には、ス タッフまで泣かせること。人として人を考えるドラマにすること」と武田鉄矢さんの弁。最後に、武田さんから来場のお客様へ一言ありました。「理想の先生の 言葉を引用して、『みんな咲け、みんなコスモス』 野のコスモスは、1本1本力強く綺麗な花を咲かせる。コスモスのように力強く生きてください」。舞台と客席が一体になった楽しいひとときでした。

pagetop

友の会について

演劇図書館について

よくある質 問

プログラム販売中!

IR情報・決算公告

御園座ショッピング

御園座 企業サイト

乗り換え

  • カテゴリー

  • アーカイブ


チケット購入方法
公演予定
フロアガイド
客席のご案内
交通アクセス
駐車場案内
お問い合わせ
その他
御園座 企業サイト

Copyright (C) 1999-2011 MISONOZA Inc. All Rights Reserved
このホームページに掲載されている全ての画像,文章,データの無断転用、転載をお断りします。